Home音楽教育コース

音楽教育コース

Music-education-t

音楽教育コースは、幅広い教養と、音楽の専門的な知識・技術を身につけた「すぐれた音楽指導者」の育成を目指します。
小さな子どもからお年寄りまで、音楽愛好者への指導メソッドを身につけると同時に、教員免許を取得するために必要な知識や、学校教育が直面するさまざまな課題についても学びます。

自分自身の感性を磨き、音楽を学ぶ素晴らしさを伝える

音楽教育演習

 〈学校音楽教育〉
学校の教師、そして音楽教師としての資質を高めるための基礎技能を学びます。
 〈総合音楽教育〉
レスナーや地域の音楽活動への指導実践を想定し、指導技術や運営方法などを総合的に学びます。

音楽教育学

我が国における音楽教育の変遷について学ぶことで現代の教育課題を認識し、指導者としての基礎的な資質・能力を磨きます。

音楽心理学

「心」が「音楽」をどのように捉えるかということを中心に、音楽心理学の知識を幅広く修得します。

音楽科教育法

音楽を楽しみ、豊かな感性を育むために音楽教育はいかにあるべきかについて学びます。

人材育成の目的

複雑な人間関係や急激に変化する社会の中で、いま、人と人との「絆」が求められています。
その「絆」を紡ぎ出す力があるのが<音楽>です。
音楽教育コースでは、児童生徒や社会人に、<音楽>のもつ魅力・パワーを伝えることのできる指導者の育成を目指します。

コース紹介

音楽教育コースでは、小さな子どもからお年寄りまで、音楽愛好者への指導メソッドを身につけると同時に、中学校と高等学校の教員免許(音楽)を取得するために必要な知識や学校教育が直面するさまざまな課題についても学びます。また、指導現場と連携をとりながら、学外での実践的体験を通して学んでいきます。
近隣の小学校での音楽交流会では、演奏交流活動の企画や交渉も学生たちが行います。「子どもたちの立場に立って考える」体験が、授業づくりの演習に生かされています。
さらに、大学教員による児童生徒への音楽指導の観察や補助活動を通して、具体的な音楽指導法について体験していきます。

授業紹介

音楽教育コースでのメインの授業は「音楽教育演習」です。「演習」の名の通り、講義を聞くだけではなく、自分たちで調べたり、演奏したり、授業計画を立ててみたりと具体的な活動を通して学んでいきます。

  • Ⅰ年次前期:
    歌唱指導の実演・模擬指導や簡易伴奏づくりを通して、歌唱指導についての基礎的な知識や技能を習得します。
  • Ⅰ年次後期:
    教材曲をもとに構成を工夫したり、アレンジをしたりすることを通して、読譜力や演奏の基礎的な技能を高めていきます。また、教材開発についての理解を深めていきます。
  • Ⅱ年次前期:
    創作の教材開発を通して、指導技術のみならず、発想力・創造力を養っていきます。
  • Ⅱ年次後期:
    日本音楽の教育的価値や指導法について研究をしていきます。
  • Ⅲ年次前期:
    表現及び鑑賞の指導法とその背景となるさまざまな調査や教育理論について学んでいきます。
  • Ⅲ年次後期:
    指導現場で想定される指導や支援についての課題を視野に入れ、模擬授業を実施したり、学校現場の授業を観察したりすることを通して、教育課題についての理解を深めていきます。また、問題解決力や思考力を身につけていきます。
  • Ⅳ年次前期・後期:
    Ⅰ年次から培ってきた理論・実践両面の成果を基礎として、学校音楽教育あるいはレスナーとしての指導実践を想定し、指導方法を研究していきます。その成果を卒業論文にまとめていきます。

卒業後の進路

  • 中学校の音楽教諭
  • 高等学校の音楽教諭
  • 小学校の音楽専科教諭
  • 特別支援学校の教諭
  • 音楽教室のレスナー など

ステージ

学内外における実践体験から学ぶ音楽教育の現場。

music-edu-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

音楽教育コース・カリキュラム

e-max.it: your social media marketing partner

音楽学科

こども学科

平成音楽大学

トップに戻る

Copyright © 2013 学校法人御船学園 平成音楽大学 〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658