Home音楽療法コース

音楽療法コース

Music-therapy-t

音楽活動を通じ、健康な人や心身に障がいのある人、さらに高齢者のストレスケアなどを行う音楽療法は、医療や福祉の現場で注目の分野です。
音楽家としての知識だけでなく医療従事者としての知識や技術を修得するために、医療現場で活躍する音楽療法士が直接指導を行い、現場での実習を体験します。

現場で活躍するプロが実習を重視して指導を行います

音楽療法基礎理論

音楽療法についての基礎的な知識を修得し、その背景となる諸臨床論を、知識面・技能面から修得していきます。

音楽療法総合演習

治療現場における知識と技術を講義・実技・ロールプレイ・発表などのさまざまな形式を通して学びます。

医学概論

一般教養としての人間学、また音楽療法士養成のための基礎としての医学を幅広く修めます。

音楽療法演習

臨床音楽療法(高齢者)に関する各論・技法を学びます。

音楽療法実習指導

児童・精神・高齢者の施設における実習指導を行います。

臨床心理学

臨床心理学の中で、代表的な療法・アセスメント技法・研究法について基礎的な知識を獲得していきます。
 

人材育成の目的

“音楽療法を学ぶ”という事を通して、人間力を高めます。
現代は人と人との関係性の希薄さから、人とどのように関わるかが大変問題になっていますが、本コースは「対人援助」を学ぶことが1つの柱です。実際に音楽療法の現場での実習をきめ細やかに体験し、他者、自己の理解を深めコミュニケーションのとり方等を探求します。

コース紹介

1年:高齢者領域
2年:精神科領域
3年:児童領域

各領域について、それぞれに対象者の理解、疾患や障がいの理解、音楽療法で使用する音楽について学びます。
あわせて、学内の授業以外でも様々な現場で実習を体験します。4年生では、この3年間の集大成として卒業論文をまとめます。

授業紹介

授業は基本的に学生自らが作成したレジュメに基づいて行われます。
テーマに沿って学生達が協力して調べたものを発表する形式です。これを通し、文章をまとめる力、研究の方法、他者との協力、発表の形式等も学びます。
学外の実習も計画、実行、スーパーヴィジョン・・・と担当の教師から丁寧なアドバイスを受けながら行います。

卒業後の進路

音楽療法士として病院、施設への就職はもちろんですが、教職課程を取り支援学校等で障がいを持った子供達を指導したり、音楽療法という仕事以外の分野でも、医療、福祉関係で事務職、相談業務等の担当として多くの先輩が活躍しています。
また、対人援助の技術、集団を動かす力などこのコースで養った力を基礎に、その他一般企業に就職する学生もたくさんいます。就職率100%です!

取得可能資格

医療や福祉の現場との連携で音楽の可能性を体感

music-the-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

音楽療法コース・カリキュラム

e-max.it: your social media marketing partner

音楽学科

こども学科

平成音楽大学

トップに戻る

Copyright © 2013 学校法人御船学園 平成音楽大学 〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658