Home平成24年度教員一覧

光永 育

職名

講師

担当学科

音楽学科

担当授業名

ピアノ

プロフィール

MitsunagaIku

熊本県立済々黌高等学校卒業、国立音楽大学ピアノ科を経て、同大学院修士課程修了。
在学中、国内外派遣奨学金を得て、モーツァルテウム音楽院夏期アカデミー受講。
第4回日本クラシック音楽コンクール優秀賞、全国大会にて秀演賞受賞。
第32回熊本県新人演奏会出演。
1996年ソロリサイタル、1997年1999年東京と熊本にてジョイントリサイタル。
1997年日本室内管弦楽団とピアノ協奏曲を競演。
2004年オータムコンサートにて光永浩一郎作曲「SAKURAによる日本の魂」を演奏。
同作品は映画「HINAMI」に挿入された。
2005年2009年2011年ガラ・コンサート出演。
2000年より光永浩一郎氏とピアノ連弾を組み、「NHKひのくにプラザ・金曜ライブ」「NHK美術館コンサート」出演。
連弾でピアソラから入ったブラジル音楽の黒幕と呼ばれるニャタリに傾倒し、1997年オクタヴィアレコードより「ハダメス・ニャタリ生誕100周年記念ピアノ作品集ブラジリアーナ第8番(演奏編曲光永浩一郎・光永育)」を発売。「レコード芸術」(音楽之友社)の特選盤になるという快挙を成し遂げる。それが反響を呼び、「ヴィラ=ロボス生誕120周年記念コンサート」(東京)に招待され、演奏する。
2009年赤十字チャリティーコンサートin熊本にて「モーツァルト2台ピアノのための協奏曲」を演奏し、好評を得る。
2012年「2台のピアノコンサート」から始めた東日本大震災復興支援コンサートシリーズは、2014、2015年「音の雫」として開催。
2017年熊本地震復興支援コンサート等、演奏によるボランティア活動も行っている。
室内楽では、ラースロー・ホルヴァート氏(クラリネット奏者)、篠崎史紀氏(NHK交響楽団コンサートマスター)、宮田浩久(九州交響楽団首席チェロ奏者)各リサイタルにて共演。
これまでに、九州音楽コンクール、八代青少年音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクール、熊本県新人演奏会オーディションの審査員を務める。
現在、平成音楽大学ピアノ講師を勤め、「音楽を通じて沢山の方々と感動を分かち合いたい」という思いで、熊本県内の小中学校の「ホンモノにふれ感性を育む授業つくり」や、幼稚園等でのボランティア演奏も行っている。
ピア・デ・ムジーク代表者

https://schwarzeprin.wixsite.com/peer-de-musik

e-max.it: your social media marketing partner

音楽学科

こども学科

平成音楽大学

トップに戻る

Copyright © 2013 学校法人御船学園 平成音楽大学 〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658