Home声楽コース

声楽コース

豊かな表現力を身につけ、 世界に通用する声楽家を目指します。

オペラ、ミュージカルなど、ひとりひとりの個性を生かすための表現力を身につけます。
発声や呼吸法などの基礎を学び、豊かな表現力を磨き、心に響く声楽家を目指します。
また、多様化する音楽シーンに適応できるレパートリーの幅を広げるために、
さまざまな言語の発音をマスターし、学内外での舞台を多く経験していきます。

一人ひとりの個性に合わせた個人レッスンを行います

オペラ研究

オペラ歌唱に欠かせないステージマナー、歩き方、演技力を身につけます

ミュージカル研究

様々なジャンルのミュージカル作品に触れ、発声法やダンス、演技などを体験します

イタリア語

イタリア人講師による授業。基本的な文法から日常的な会話表現を習得するとともに読解力や書く力を身につけます

呼吸法

さまざまなエクササイズを通して楽器である自分の身体を理解し、本来の身体に整えていきます

合唱

オペラの合唱曲や宗教曲など幅広い作品に触れ合唱に臨む心構えと、全体の中での個の役割意識確立を目指します

人材育成の目的

人間は生まれたその瞬間から声をあげます。
人間の持つその能力を訓練によって大舞台で通用する声にしてゆく勉強をします。
オペラ、オラトリオ、ミュージカル、現代曲、芝居とその舞台は広がり、夢に向かって歩いていく人材を育てます。

コース紹介

4年間を通して発声の基礎を学び、その声を柔軟に使えるよう訓練します。
オペラ、オラトリオのアリア、重唱、合唱など幅広い分野を勉強し、歌曲(イタリア、ドイツ、フランス、日本)はどの国の言語でも歌えるようディクションを含め勉強していきます。

声楽コースの学生は様々なイベントやスクールコンサート、また熊本オペラ芸術協会(本学の併設機関)の舞台でも演奏します。毎年行われる大学の定期演奏会では必ず声楽曲が入り、学生はオーケストラとの共演を体験します。

「VOCALサロンコンサート」では、一年間の勉強の成果を発表します。
レッスンで学んだことを舞台で繰り返し経験できることが声楽コースの大きな特色です。

声楽コースではポピュラーも選択することができます。
初年度は発声の基礎を学び、その上で声楽の基礎的表現力をつけ、ポピュラー音楽を勉強していきます。

授業紹介

重唱研究:2年次から始まります。2,3,4年生、専攻科生と合同で様々な重唱曲を勉強します。
オペラ研究:3年次から始まります。3,4年生、専攻科と合同でオペラの様々な場面を勉強します。また1,2年生にとってオペラハイライト公演はステージ運営について学ぶ場となります。
今までに公演したオペラハイライトの演目には「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」「椿姫」「細川ガラシア」などがあります。
歌曲研究:2年次から始まります。ドイツ歌曲、日本歌曲を学びます。
ミュージカル研究:ダンスとヴォーカルのレッスンがあります。ミュージカルハイライトをひとつの作品として作り上げます。

卒業後の進路

  • コンクールに挑戦し成果を挙げ、さらに勉強を続けるため、東京・関西のオペラ研究所に所属する。
  • 劇団に入団し舞台で活動する。
  • 教員免許を取得し、中学校・高等学校の臨採や講師を勤める。
  • 音楽療法士二種の資格を取得し、高齢者・福祉施設に勤務する。
  • 合唱団を有する企業などに勤務し、音楽を続ける。

取得可能資格

volal-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

voice cal

e-max.it: your social media marketing partner

音楽学科

こども学科

平成音楽大学

トップに戻る

Copyright © 2013 学校法人御船学園 平成音楽大学 〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658